うちのへびはめがまるい

育児中の父親がガジェット、ゲーム、育児、アニメ、イラストなどについて徒然書いてます。

Apple iPhone ワイヤレスイヤホン

SONY 最新ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」素人レビュー AirPods Proと比較しつつ

投稿日:

すごい性能だけどAirPods Proの完成度に改めて驚いちゃう

発売からすぐに完売してたんですが再入荷したので思い切って購入、早速レビューです。

音に関しては素人なのであくまで一個人の感想になります。

その中でも多くの人が考えるであろう、iPhoneでの使用感やライバル機にあたるAirPods Proとの比較も交えつつ

まず見た目から

すでに多くのレビューが出回ってるので今更感はありますがいくつか写真を

パッケージはエコな紙製、実際エコかどうかはおいといて処分しやすいのは嬉しい。

ケースも本体もつるつるではなくさらさら系、これは持ちやすくて好きです。

イヤホン本体は前モデルよりは小さくなったようですが普段AirPods使ってるとそれでも大きく感じる。

着け心地は良く言えば耳にピッタリだけど少しキツめ、イヤーピースではなく本体の耳にはまる部分が若干キツい。

長時間は着けられないかな、という印象はあった。

耳が小さいという自覚がある方は念の為量販店などで試着させてもらっても良いかもです。

イヤーピースはデフォルトのMでピッタリくらい、こちらはフィット感も良くて遮音性も高いように感じた。

ケースは写真を見れば分かるがAirPods Proよりかは少し大きい。でも見た目よりは軽い。充電はUSB Type-C。自立するのは良いポイント。

Qi充電は対応

ケースにイヤホンを入れるときの磁力は強めで、取る時は少しもぎとるような感じ、逆にケースにしまうときは多少雑でも吸い付くので安心。

ノイズキャンセリング

AirPods Proよりは強いが、耳にキーンって来る感じは少なくて強さの割に自然な感じ。

ノイキャン苦手な人でも良いかもしれない。

イヤーピースの密閉感だけでかなり外音はシャットアウトしてくれるので苦手な人はオフにしてても良いと思います。

アンビエントモード(外音取り込み)

かなり自然に外の音が聴こえます、AirPods Proとの差はあまりないような気もしますがどうなんですかね。

Speak to chatモード

話し始めると自動でアンビエントモードになって音楽を一時停止してくれる機能。

話し始めないとこのモードにならないのでワンテンポ遅く、便利なようでそうでもない機能。

さらにアダプティブサウンドコントロールという、上記モードを周囲の環境に合わせて自動で変更してくれる優秀なモードです。

がこちらも、突然ノイキャンが付いたり消えたり、音楽が止まったりするので基本は「行動の検出」はオフにしてます。頻繁にそういう操作が必要な場合はそもそもイヤホン付けないなーという。

操作感

AirPods Proと違いタッチ操作です。かなり軽いタッチで反応してくれる反面ちょっと位置を直したりしたいときに反応しちゃって誤操作になることも。好みの問題ですが僕はAirPodsとかJabraのような物理操作の方が好き。

ペアリング

複数端末のペアリングは可能ですが、複数同時接続は出来ません。

ここの便利さはAirPods Proの方が上、ですがiOSのショートカットを使えばタップひとつで端末切り替えができるのでそこまで不便じゃないかな。Macも秋のOSアップデートでショートカットが使えるようになるとのことなのでiPhone、iPad、Macの切り替えは楽になるかも。

接続はiPhoneでたまーに片方だけ切れてたりしますが、全体的には繋がってると思います。別にこれを理由に使わないというほどのことでもない。

音質

AirPods Proよりは全然良いけど、別にAirPods Proが全然ダメというわけではない。

WF-1000XM4のほうが全体的にクリアで色んな音が聞こえるような気がします。低音も高音もバランスが取れてる感じ。ドンシャリはしてない。

DSEE Extremeっていうハイレゾじゃないけど音質良くするブースト機能があるけど僕の耳では違いがわかりません。とりあえずオンにしてる。

LDAC接続は試してないので分かりません…

正直なところJabra Elite 75t、AirPods Proと来て今回の1000XM4で、音質に関してはかなり感動、というわけではなかったです。

普段10,000円以下くらいのワイヤレスイヤホン使ってるとかなり感動できるかも。

素人のくせに贅沢な耳になったもんです。

まとめ

音質もノイキャンも良くて価格相応の価値はあり

もし既にAirPods Proや他のハイエンドなワイヤレスイヤホンを持っていて満足している人はそこまで感動はしない

iPhoneユーザーは利便性で言えばAirPods Proの方が全然上、軽くて付けやすいので長時間装着してても疲れない、音質もそこそこで、ノイキャンもしっかり効き、外部音取り込みモードも自然、通話もクリアーで他のApple製品との接続切り替えも自動。

Apple製品に限って言えば総合力ではAirPods Pro

だけどもし初めてハイエンドなワイヤレスイヤホンを買う人にとってはWF-1000XM4は買って損はしない出来だと思います。

音質重視で通話はあまりしないのであればWF-1000XM4、色々マルチに使いたいもしくは着けてて疲れないのが良いという人はAirPods Proがいいんじゃないかと。

僕はせっかく買ったので音楽、映像はWF-1000XM4、それ以外の日常使いはAirPods Proにしていこうかと思ってます。

-Apple, iPhone, ワイヤレスイヤホン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhone13シリーズどんな人が買った方がいい?

発表された…けど 毎年恒例ですが新しいiPhoneシリーズが発表されました。13! 新しいのが出るとつい欲しくなっちゃうんですけど、どんな人がシリーズ13おすすめなのか、個人的な意見をざっくり。 iP …

【最新版】趣味でイラストを描くのにおすすめのiPadは?

趣味でイラスト描く人向けのiPad選び。
新型iPad Airはどうなの?っていう記事です。

MOFT MagSafe iPhone 12シリーズ用レザーウォレットスタンド 辛口レビュー 便利そうだけど使える場面は限定的な気も

ドヤリングにはかなりおすすめ!

MacBook Air 2020 M1買ったのでざっくりレビュー メモリ8GBで一般業務用途(gmail、Slack、Zoom、Excel、スプレッドシート、etc.)はどこまでできる?

軽い動画編集と一般的な仕事しかしない一般人がM1 MacBook Air 最安モデルを軽ーくレビュー。メモリ8GBで足りるの?問題について少し参考情報です。

M1 MacBook Air メモリ8GB 4ヶ月使用レビュー あと周辺機器とか

タイトル通りです。 M1 MacBook Airを買って4ヶ月経ったので経過レビュー。 って言っても問題なく動作して、パフォーマンスもバッテリーも変わらずなので正直そんなに書くことはないです。 強いて …